TOP > 保健事業のご案内(健康づくり)

保健事業のご案内(健康づくり)

疾病予防事業

健康診断の受診にあたって

デサント健康保険組合では、みなさまが健康な毎日を過ごせるように健康診断等の保健事業を行っております。健康増進のためにぜひご活用ください。

【被保険者の方】

■健康診断早わかりフローチャート

○あなたが受診できる健康診断は?

対象の年齢は、年度末(3月31日現在)の年齢です。

健康診断の受診は、年度内(4月〜翌年3月)に1回のみです。

ステップUP健診、さむらい・なでしこ健診、30歳以上のりぼん健診は、会社からの案内をご参照ください。

人間ドックは婦人科健診(乳がん・子宮がん検査)を含みます。別途りぼん健診は申請できません。
<3つのパターンより選択(りぼん健診は女性のみ選択)>

パターン① 定期健康診断 + りぼん健診
パターン② 生活習慣病健診(ステップUP・さむらい・なでしこ健診) + りぼん健診
パターン③ 人間ドック(婦人科検査含む)

任意継続被保険者および被扶養者の方は、「任意継続被保険者および被扶養者」のフローチャートをご覧ください。

健康診断早わかりフローチャート(被保険者)

【任意継続被保険者および被扶養者の方】

■健康診断早わかりフローチャート

○あなたが受診できる健康診断は?

対象の年齢は、年度末(3月31日現在)の年齢です。

健康診断の受診は、年度内(4月〜翌年3月)に1回のみです。

健康診断早わかりフローチャート(任意継続被保険者・被扶養者)

定期健康診断

【対 象 者】 被保険者全員(任意継続被保険者除く)

【受診期間】 年1回(4月〜翌年3月)

【検査項目】

検査項目 内容
問診 既往歴、服薬歴、喫煙歴等
身体計測 身長・体重・BMI・腹囲
視力・聴力検査 視力検査、聴力検査(オージオ)
血圧測定
尿検査 糖・蛋白
胸部X線 直接撮影
血液検査 赤血球数・血色素量・GOT・GPT・γ-GTP・中性脂肪・総コレステロール・HDLコレステロール・LDLコレステロール・空腹時血糖・HbA1c
心電図
大腸がん検査 便潜血(二日法)

【費用負担】 個人負担なし(会社が全額負担)

【提出書類】 受診後、領収書(原本)・健診結果(写)を併せて、管轄の健康管理室にご提出ください。全ての書類が届きましたら、健診費用をお支払いいたします。

pagetop

特定健康診査

【対 象 者】 40歳〜74歳の任意継続被保険者および被扶養者

【受診期間】 年1回(4月〜翌年3月)

【検査項目】

検査項目 内容
問診 既往歴、服薬歴、喫煙歴等
身体計測 身長・体重・BMI・腹囲
血圧測定
尿検査 糖・蛋白
血液検査 GOT・GPT・γ-GTP・中性脂肪・HDLコレステロール・LDLコレステロール・空腹時血糖またはHbA1c、血清クレアチニン

(注)心電図と胸部X線は対象外です。

【費用負担】 個人負担なし(健康保険組合が全額負担(基本項目のみ))
その他の項目を受診した場合は、全額窓口負担となります。

【受診方法】

●提携医療機関で受診する場合

会社が健康診断を実施する時期にあわせてご案内をお送りいたします。

希望される場合は、その際にお申込みください。


●ご自宅近くの医療機関で受診する場合

【STEP 1】 健保組合より、「受診券」をお送りします。
会社が実施する健康診断の時期に合わせてお送りします。

【STEP 2】 医療機関を「健康保険組合連合会」ホームページより選択ください。

【STEP 3】 希望の医療機関に“「集合契約」による特定健診”を受けたいことをお伝えし、受診日時を予約してください。

【STEP 4】 受診当日は「受診券」と「健康保険者証」を持参してください。
基本項目についての窓口負担はありません。
受診後の手続きは不要です。(「補助金申請書」「健診結果」の送付は必要ありません。)

医療機関については、下記のアドレスから検索ください。(「健康保険組合連合会」ホームページ)

http://hoken.kenporen.or.jp/Kensin/

実施医療機関には、「集合契約A」と「集合契約B」の2つがあります。
デサント健康保険組合の加入者はAB両タイプの医療機関を利用することができます。

掲載以外の医療機関で受診することはできません。

「特定健康診査」を実施していることをご確認ください。

詳しい検索方法はこちら

パート・アルバイト等の勤務先で健診を受診された方へ

健康保険組合では、40歳以上の加入者の健診結果を管理し、国への報告が義務付けられて います。パート・アルバイト等の勤務先で健診を受診されている方は、その健診結果のコピーを デサント健康保険組合までお送りください。ご協力のほど、よろしくお願いいたします。

(送付先) 〒556-0017 大阪市浪速区湊町1丁目2番3号 マルイト難波ビル13階
       デサント健康保険組合 あて

pagetop

生活習慣病健診(さむらい健診・なでしこ健診)

【対 象 者】 30歳以上の被保険者(任意継続被保険者除く) 原則、提携医療機関での受診になります。事前に、管轄の健康管理室へご連絡ください。 (大阪健康管理室) 06−6633−4203  (東京健康管理室) 03−5979−6022

【受診期間】 年1回(4月〜翌年3月)

【検査項目】 

検査項目 内容
胃がん検査 胃カメラまたは胃バリウム(選択制) (原則、胃カメラ)
腹部エコー
眼底検査 両眼
前立腺がん検査 PSA(血液検査) 50歳以上の男性のみ
  • ◆生活習慣病健診を受診される場合は、定期健康診断の検査項目も必ず受診ください。(便潜血検査も必須項目となります。)
【費用負担】
検査項目 40歳・45歳・50歳・55歳 左記以外
胃カメラまたは胃バリウム 個人負担なし 1,000円
腹部エコー 1,000円
眼底検査(両眼) 個人負担なし
前立腺がん(PSA)
  • ◆セールスコーディネーターの方で提携医療機関以外で受診される場合は、健診費用を立替払いのうえ補助金申請等をご提出ください。詳細は添付の案内をご参照ください。

【提出書類】 受診後、補助金申請書・領収書(原本)・健診結果(写)を併せて、管轄の健康管理室までご提出ください。全ての書類が届きましたら、補助金をお支払いいたします。


提携医療機関

  • 医療法人社団つるかめ会新宿海上ビル診療所(東京都渋谷区)
  • 医療法人財団医親会OBPクリニック(大阪市中央区)
  • 公益財団法人パブリックヘルスリサーチセンター(札幌市中央区)
  • 一般財団法人杜の都産業保健会(仙台市宮城野区)
  • 医療法人財団医親会マリンクリニック(名古屋市中区)
  • 一般財団法人日本予防医学協会(福岡市博多区)
  • 奥州市総合水沢病院(岩手県奥州市)
  • 南和広域医療組合南奈良総合医療センター(奈良県吉野郡)
  • 公立八鹿病院健康センター(兵庫県養父市)
  • 医療法人隆徳会鶴田病院(宮崎県西都市)

pagetop

人間ドック(乳がん・子宮がん検査含む)

【対 象 者】 30歳以上の被保険者(任意継続被保険者含む)・被扶養者

【受診期間】 年1回(4月〜翌年3月)

【費用負担】 個人負担 3割 (健康保険組合 7割(補助金上限:45,000円))

【提出書類】 受診後、補助金申請書・領収書(原本)・健診結果(写)を併せて、管轄の健康管理室までご提出ください。全ての書類が届きましたら、補助金をお支払いいたします。
任意継続被保険者の方は、健康保険組合あてにお送りください。
任意継続被保険者および被扶養者の方の健診結果(写)は、上記「特定健診」の検査項目(問診含む)のみで結構です。

  • 「定期健康診断」および「特定健康診査」と「人間ドック」は年度内(4月〜翌年3月)に別々に受診することはできません。どちらか1つを選択して受診ください。年度内に両方受診した場合は、初回受診以外は全額自己負担となります。
  • ◆「人間ドック」を受診する場合は、必ず定期健康診断の検査項目も同時に受診ください。
    定期健康診断の検査項目に受診もれがある場合は、全額自己負担で追加受診が必要となります。
  • ◆健診機関の指定はございません。

pagetop

りぼん健診(乳がん・子宮がん検査)

【対 象 者】  ・被保険者(40歳代以外) 40歳代の方は、全額会社負担です。
・任意継続被保険者および被扶養者:年齢制限なし
人間ドックを受診する場合は別途申請することはできませんので、ご注意ください。

【受診期間】 年1回(4月〜翌年3月)

【費用負担】 個人負担 3割 (健康保険組合 7割(補助金上限:30,000円))

【提出書類】

  • 受診後、補助金申請書・領収書(原本)・健診結果(写)を併せて、管轄の健康管理室までご提出ください。全ての書類が届きましたら、補助金をお支払いいたします。(任意継続被保険者および被扶養者の方は、健診結果(写)の提出は不要です。)
  • ・デサントりぼん健診のご案内はこちら
  • ・大阪エリア提携医療機関はこちら
  • ・東京エリア提携医療機関はこちら

健康診断で、再検査・精密検査が必要となった方は、「健診結果」と「保険証」をご持参のうえ、かかりつけの医師または専門医を必ず受診ください。(保険診療になります。)

pagetop

特定保健指導

メタボリックシンドロームのリスクを軽減するために生活習慣を見直し、実践的なアドバイスを行っていきます。

【対 象 者】
40歳〜74歳の被保険者・被扶養者で、健康診断の結果から@〜Dの項目に関して、国が定めた基準に沿って抽出し決定します。

@
腹囲 : 男性85cm以上、女性90cm以上 または BMIが25以上
A
血糖 : 空腹時血糖が100mg/dl以上またはHbA1c(NGSP値)が5.6%以上
B
脂質 : 中性脂肪が150mg/dl以上またはHDLコレステロール40mg/dl未満
C
血圧 : 収縮期血圧(最高血圧)130mmHg以上または拡張期血圧(最低血圧)85mmHg以上
D
喫煙歴

積極的支援・動機づけ支援・情報提供レベルの3区分があります。
服薬中の方は、特定保健指導の対象となりません。


【指導内容】 各事業所管轄の健康管理室にて保健師による面談を行います。

積極的支援
(6ヶ月間)
初回面談(個別)約30分 → 進捗状況の確認 → 最終評価面談(個別)約30分
動機づけ支援
(3ヶ月間)
初回面談(個別)約30分 → 最終評価面談(個別)約30分

pagetop

インフルエンザ予防接種

【目的】
被保険者(被扶養者)が、インフルエンザの予防接種を受け費用を負担したとき、その費用の一部を補助することにより、定期的に予防接種を受ける機会を与え、かつ奨励し健康管理並びに疾病予防に資することを目的とする。

補助対象者 被保険者、被扶養者
補助金額 被保険者 1人2,000円
被扶養者 1人1,000円
市区町村からの補助がある場合は除きます。
補助金額に満たない場合は実費とします。
補助回数 年度内に1回
接種期間 毎年度10月1日〜翌1月末日まで
医療機関 指定なし
事業所接種
被扶養者除く
株式会社デサント・デサントジャパン株式会社 大阪・東京オフィス
補助金申請期間 毎年度10月1日〜翌2月末日までにデサント健康保険組合に提出してください。
申請期間を過ぎたものについては、受付できませんのでご注意ください。
申請方法

■お近くの医療機関で接種された方

⇒予防接種代金を全額立替払いのうえ、補助金申請書(健保HPより)の裏面に領収書(原紙)をのりづけして、デサント健康保険組合に提出してください。

デサントアパレル株式会社の方は、事業所に提出してください。


■事業所で接種された方(株式会社デサント ・ デサントジャパン株式会社の大阪・東京オフィス)

⇒申請不要です。


一世帯で一度にまとめて申請してください。

領収書は個人名(フルネーム)で接種者すべての氏名を明記してください。
但書に「インフルエンザ予防接種代金」と明記してください。

支払日

毎月月末までに健保組合が受付けた分について内容の確認を行い、翌月末日(金融機関が休日等の場合は前営業日)にご希望の口座(被保険者名義)に振込みます。

「支給決定通知書」によるお知らせはありません。通帳への記帳などによりご確認ください。

デサントアパレル株式会社の方へは、事業主経由でお支払いいたします。支払日までに時間を要しますがご了承ください。


pagetop

体育奨励事業

Kencom(ケンコム)

2020年(令和2年)9月より、“楽しみながら気軽に健康に”をテーマにしたWebサービス「Kencom(ケンコム)」を導入しています。
個人ごとに合わせた健康情報が届いたり、毎日の歩数や体重管理が簡単にできます。
また、参加型ウォーキングイベントとして「みんなで歩活(あるかつ)」を実施いたします。
まずは、アプリをダウンロードして「Kencom(ケンコム)」に登録しましょう。

【対 象 者】デサント健康保険組合の被保険者、被扶養者(年度末時点で19歳以上の方)

利用料利用料は一切かかりません。

「Kencom」の運営は、DeSCヘルスケア株式会社に業務委託しています。

DeSCヘルスケア株式会社は、情報セキュリティ対策の実施、情報の適切な管理の徹底を行うとともに個人情報の重要性を鑑み、保険医療福祉分野のプライバシーマークの認証を取得しています。


登録方法についてはこちら

⇒下記QRコードからアプリをダウンロードできます。

ルネサンス

当健保組合では、全国にスポーツクラブを展開する「ルネサンス」と利用契約を結びました。
みなさまの健康保持・増進のために、ぜひご活用ください。
ご利用方法や利用施設は、ルネサンスの当健保組合専用サイト(トップページバナー)よりご確認ください。

pagetop

保健指導宣伝事業

医療費通知 「医療費のお知らせ」を送付(年1回 2月)
ジェネリック医薬品の利用促進

「ジェネリック医薬品希望シール」の配付
資格取得時に配付いたします。追加でご希望の方はお気軽にお申し出ください。

「ジェネリック医薬品のお知らせ」を配付(年2回)
ジェネリック医薬品とは、新薬(先発医薬品)の特許期間満了後に、厚生労働省の承認を得て製造・販売される医薬品です。慢性疾患等により、長期間にわたって服薬し、ジェネリック医薬品に切り替えることで自己負担の軽減が可能な方を対象に案内をお送りいたします。

ジェネリック医薬品を希望される場合は、医師または薬剤師にご相談ください。

医師の判断によっては、ジェネリック医薬品に変更できない場合があります。

ジェネリック医薬品への変更に不安を感じる方に、切り替えを強制するものではありません。

pagetop

データヘルス計画

■データヘルス計画について

平成25年6月に政府が閣議決定した「日本再興戦略」の中で、「国民の健康寿命の延伸」が重要施策として掲げられました。その取り組みとして、医療保険の保険者である健康保険組合に対し、「データヘルス計画」の作成と公表、その計画に基づく事業の実施、評価が平成27年4月から義務付けられました。

■当組合の計画について

当組合では、保健事業として生活習慣病健診、人間ドックなどの各種健診をはじめ、さまざまな保健事業を実施しています。これらを効果的・効率的に実施するためにレセプトや健診結果等を活用したデータ分析を行い、加入者の健康づくりや疾病予防、重症化予防を「計画」「実施」「評価」「改善」のサイクル(PDCAサイクル)に沿って、効果的かつ効率的に実施していきます。

第2期データヘルス計画書(デサント健康保険組合)はこちら

pagetop

健康スコアリングレポート(厚生労働省、日本健康会議、経済産業省)

当健保組合加入者の健康状態や医療費、疾病予防・健康づくりへの取組状況等について、全健保組合平均や業態平均と比較したデータを見える化したものです。
事業主と健保組合が連携を深め、疾病予防・健康づくりの取り組みの活性化を促進するためのコミュニケーションツールとして利用します。

「2021年度版 健康スコアリングレポート」はこちら

pagetop