TOP > 健康保険のしおり > 病気・ケガをしたとき > 高額な医療費がかかったとき(限度額認定証)

高額な医療費がかかったとき

医療費が高額になりそうなときは「限度額適用認定証」をご利用ください

高額な医療費がかかったとき

高額療養費は、通常はいったん医療機関等の窓口で支払いを行い、後日払い戻されます。しかしあらかじめ健保組合に申請し、自己負担限度額に係る認定証「限度額適用認定証」を交付されていれば、一医療機関ごとの窓口での支払いを自己負担限度額までにとどめることができます。

対象は、保険医療機関・保険薬局などで受けた保険診療です。食事代の標準負担額や差額ベッド代、保険外の自費負担はこれに含まれません。

⇒自己負担限度額の詳細はこちら

限度額適用認定申請の流れ

書類提出上の注意

 A4用紙で全てのページをプリントアウトして使用してください。
 プリントアウト後、必ず自筆署名・捺印の上提出してください。
 書類は健保組合に提出してください。

adobe

PDFファイルをご覧いただくには、Adobe(R) Readerが必要です。
お持ちでない場合は、左のアイコンをクリックして、ダウンロードしてください。

 

実際の窓口負担額について

【計算例】 同一の医療機関において1ヵ月の総医療費(10割):100万円
         所得区分:ウ  窓口負担割合:3割

限度額適用認定証を提示しない場合

300,000円(3割負担)を医療機関窓口で一旦支払い、後日高額療養費にて212,570円が払い戻され、87,430円の自己負担となります。
自己負担限度額:80,100円+(1,000,000円−267,000円)×1%=87,430円

限度額適用認定証を提示した場合

87,430円(自己負担限度額)の支払いのみ。

pagetop