TOP > 健康保険のしおり > 病気・ケガをしたとき > 保険証は大切に扱いましょう

保険証は大切に扱いましょう

お金と同様に価値がある大切なもの

イラスト

健康保険被保険者になると、「健康保険被保険者証(保険証)」が交付されます。健康保険の被保険者であること、または被扶養者であることは、この保険証によってはじめて証明されます。

この保険証を提示すれば、被保険者(本人)、被扶養者(扶養家族)として、健康保険の扱いで病気やケガなどについての診療、投薬、入院治療などが受けられます。したがってこの保険証は、お金と同様に価値がある大切なものといえるでしょう。

病院に預けたままにしたり、汚したりすることのないようにしましょう。また、他人との保険証の貸し借りによる不正使用は、違法行為となり処罰の対象になります。

紛失によって思わぬトラブルに遭うこともありえますので、取り扱いには十分注意して大切に保管してください。

事由 期限 手続方法
保険証を紛失・汚損したり、余白がなくなったとき →
ただちに
被保険者証再交付願」を提出。余白がなくなった場合は保険証も提出。
保険証の検認、更新のため提出を求められたとき →
ただちに
保険証を提出。
子どもの誕生などで家族(被扶養者)が増えたとき →
5日以内
被扶養者(異動)届」を提出。
結婚などで氏名に変更があったとき →
5日以内
人事担当者へ連絡のうえ、保険証を提出。
被保険者(被扶養者)の資格を失ったとき 。 →
5日以内
被扶養者(異動)届」に保険証を添えて提出。

上記は全て人事担当者に提出して下さい。

 
【注意】
資格喪失後は、健康保険証は使用できません。
資格喪失後に受診され、医療機関より健保組合に医療費の請求があった場合には、被保険者より健保組合 へ返金していただくこととなりますので、ご注意ください。
保険証を返却する前に、誤って使用してしまった場合は、すぐに医療機関へ連絡して、デサント健保組合の 資格を喪失したことをお伝えください。

資格喪失後受診の該当者へは当健保組合から案内をお送りいたします。指定期日までに納付してください。(振込手数料は被保険者負担となります。)

医療費の返還後、「領収書」と「診療報酬明細書(レセプト)の写し」を送付します。当健保組合にご返還いただいた医療費は、受診日時点に加入されていた保険者(協会けんぽ、国保等)に申請すると療養費として給付を受けられる場合があります。詳しくは資格喪失後に加入された保険者の窓口へお問い合わせください。なお、申請時には上記の書類が必要となりますので、大切に保管ください。

pagetop